2017年07月25日

奥州道中白沢宿 その09

清厳寺の境内に入ると右手に蔵が2棟並んでいます。
手前の蔵が重文鉄塔婆収蔵庫で、その名の通り国指定重要文化財の鉄塔婆が収められ、自由に拝観できます。
ou170725.jpg
ありがたいことです。
正和元年(1312)宇都宮8代城主貞綱が亡き母の十三回忌の供養のために建立したもの。
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 18奥州道中白沢宿
この記事へのコメント
鉄塔婆で検索すると,すぐに清厳寺が出てきました。すごいのが残されているのですね。清巌寺というのはどの辺だろうと,Google mapで調べてみると,妙正寺のとなりなのですね。この広い歩道は,なんとなく覚えていますよ。

いよいよ始まるね。
Posted by 萩さん at 2017年08月02日 10:33
鉄製の卒塔婆は国内でここだけなんだそうですよ。
宇都宮は古くから繁栄していた街だったということですね。
タイトルは白沢宿になってますが、ホントの白沢宿になるのはまだまだです。
あと3コマくらいは宇都宮宿ですね〜。(^-^;
Posted by とらぞう at 2017年08月02日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180450707
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 奥州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.