2017年07月22日

奥州道中白沢宿 その08

妙正寺の門前を横切る道は清厳寺通りです。
奥州道中とは逆に左に進むと、天正元年(1573)創建の清厳寺があります。
元は建保3年(1215)に宇都宮頼綱が現在の宇都宮駅東口に位置する宿郷に草創した念仏堂で、宇都宮氏の家臣芳賀高継がこの地に移して清厳寺としました。
頼綱が清厳寺の開基ということで、境内に蓮生法師の墓(宇都宮五代城主頼綱と芳賀高照・高継の墓所)があります。
ou170722.jpg
しかし、頼綱(蓮生)の墓は京都三鈷寺にあるので、当山の墓は後世に建てられた供養塔らしい。
posted by とらぞう | Comment(0) | TrackBack(0) | 18奥州道中白沢宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180419163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 奥州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.