2017年05月21日

喜連川宿→佐久山宿

昨日土曜日に奥州道中を喜連川宿から佐久山宿まで歩きました。\(^-^)/
奥州街道歩きの2日目。
氏家駅から佐久山郵便局前バス停まで。
歩いた距離は寄り道含めて22.6km、7時間25分の旅。
歩数は29,468歩。

奥州街道の初日は栃木県道125号「白沢街道」の歩道を長いこと歩いたけど、今回のルートは変化に富んだ内容。
国道・県道・市道・旧道・古道・廃道など。
街道を歩いていても、幹線道路からはずれた旧道くらいはあるものだけど、生活道路としても使われていない古道、まったく忘れ去れている廃道などは、めったにお目にかからないごちそう(笑)。
ou170521a.jpg
(喜連川宿の中心地)

まず1つめのごちそうは、喜連川宿の手前、弥五郎坂の古道。
この古道は舗装されているものの、市指定史跡として保存されています。
この古道は東山道から続く道で、古道の手前のに中世の古戦場跡があります。
ou170521b.jpg

2つめのごちそうは、喜連川宿を過ぎた上り坂の山道・鶴ヶ坂の廃道。
2週間前のGWににゃおすけさんが歩いて知りました。
鶴ヶ坂の廃道は県道114号の左手にある旧道のすぐ右側に堀割状遺構として残っています。
地図に載っている旧道は明治の道だそう。
栃木県教育委員会の歴史の道調査報告書に、土砂による埋没があり、土中には道が残されていると思われ、考古学的にも貴重と書いてあって、土道のことをずいぶん大げさに言ってるな〜と思っていたら、歩いてみて分かりました。
ごちそうといっても、ほとんど林の中で足もとが悪いので、歩きづらくて大変。
ou170521c.jpg

貴重な廃道を歩けたのはヨカッタけど、残念なのは一里塚。
今回歩いたルートには一里塚が松山・喜連川・南和田・引田の4カ所あり、喜連川は宿場内で跡だけど、松山・南和田・引田の3カ所は現存一里塚。
しかし、実際に見学できたのは民家の敷地にある松山一里塚だけ。
南和田は鶴ヶ坂の廃道の左手というのだけど、左側を気にして歩いたものの、どこなのか分からず過ぎてしまいました。
引田は松山のように民家の敷地にあるということだけど、人の敷地に入る勇気はないので、大谷石の蔵を撮っただけでした。
ou170521d.jpg
(民家の敷地にある松山一里塚)

今回はトラブルいろいろ。
始発電車に乗るのに4時に起きたんだけど、スマホを忘れて家に戻ったために、氏家駅に着くのが遅れました。
1週間前、久しぶりにカメラが壊れ、レンズ制御エラーという表示が出て写せません。
レンズを回して電源を入れるカメラで、そーっと優しく扱えば写せるけど、エラーが続くことがあるので撮影に時間がかかっています。
ということで、予定していた終点より1km手前で終わってしまいました。
帰りはバスなんですが、最終バスが16:50頃という早い時間で切り上げなくちゃいけないので、ハラハラドキドキの旅でしたが、佐久山宿の本陣跡までは歩けたのでよしとしましょう。ou170521e.jpg
(佐久山宿本陣跡)
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 奥州街道歩き
この記事へのコメント
とらぞうさんが佐久山まで歩いたのは,twitterで知っていました。大変でしたね。
バスが走る日に歩いて,よかったですね。ここからしばらく東北線から離れるので大変ですが,頑張ってください。
はっきり言って,大田原から先の宿場はよく覚えていません。でも,のどかな田園風景が続く道です。
更新楽しみにしています。
Posted by 萩さん at 2017年05月22日 23:26
出発が30分遅れてしまったので、佐久山宿の途中で終わってしまい、ちょっと消化不良な感じです。
佐久山から近い駅は野崎駅ですが、野崎から佐久山に行くのにバスの便がなくてお昼になっちゃうんですよね〜。
西那須野駅〜佐久山は途中トコトコ大田原でバスの乗り換えをしなくちゃいけないので、なかなか大変です。

今回は田植え後の水が張った田んぼがヨカッタです。
次回はいつにしようか思案中です。
稲が育ってトンボが飛び交う夏にするか?彼岸花の季節にしようか?
しかし、電車に乗っている時間が片道4時間なのでそろそろ泊まりで行きたいですね。(^-^;
Posted by とらぞう at 2017年05月23日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179813700
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 奥州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.