2017年04月17日

白沢宿→氏家宿

昨年12月に日光道中二十一次を歩き終わって、いよいよ奥州道中を歩き出しました。\(^-^)/
宇都宮市から北上して、平成の大合併で誕生した「さくら市」に向かうので、桜の季節に歩くことに。
桜なら青春18きっぷを利用できるな〜と思っていたら、春期最終日の10日になってしまいました。(^-^;

今回奥州道中として歩く区間は、宇都宮宿の日光道中と奥州道中の追分から、白河宿の道中奉行管轄の女石追分まで。
5回に分けて歩きます。
奥州道中の継立ての数は、教科書にしている今井金吾さんの『今昔三道中独案内』では白沢宿→白河宿の「奥州道中十次」となっているけど、奥州道中は形式的には日本橋が起点なので、おらのホームページでは「奥州道中二十七次」とします。
「二十七次」と言っても、スタートするのは18次目の白沢宿だけど。(^-^;

ということで、奥州道中二十七次の初日は無事に歩き終えました。
歩いた距離は寄り道含めて28.8km、9時間の旅。
歩数は36,786歩。
ルートを地図で計測したら19.7kmだったのに、何でこんな距離になるんだろう?

桜が咲く季節はどこを歩いてもキレイだと思うけど、桜が自慢の?さくら市へ。
平日のため、通勤ラッシュで車が多い宇都宮市街を抜けて、栃木県道125号「白沢街道」を北上。
片側二車線道路の歩道歩きです。
日光街道で国道119号を北上して徳次郎宿に向かうのに似ています。
ou170417a.jpg

スタート地点の追分から10kmほどで白沢宿。
古い建物はなく宿場の面影はないけど、宿場内には水路があったり、民家の軒先には屋号が掲げられて、雰囲気がイイ。
ou170417b.jpg

鬼怒川を渡るとさくら市氏家宿。
旧道が消滅して途切れたところに勝山城跡があり桜の名所。
城内を巡って桜を愛でました。
ou170417c.jpg

終点の氏家宿もあまり宿場の面影はなく、今度は夕方の通勤ラッシュの時間で車が多く、写真を撮るのに時間がかかりました。
氏家宿は指定文化財点在しているので、街歩きだけでも楽しいかも。
今回の終点は氏家宿を抜けたところにある櫻野八幡宮。
氏家町と次の宿場がある喜連川町が合併して「さくら市」になったわけだけど、櫻野って地名の由来に少なからず影響があったかもね。
ou170417d.jpg
(お不動さまが県指定文化財の光明寺)

江戸幕府の道中奉行が管轄の白河宿まで、5日の行程で歩くのが決まっているけど、交通の便が大変。
次はゴールデンウィークに喜連川宿〜佐久山宿を歩こうと思ったら、ちょっと難しい…。
おらの足では大田原市街までは歩けないのでバスを使おうと思ったら、平日土曜のみで日曜祝日は運休。
GWに奥州街道は歩けないということになりました。(>_<)
フツーの土曜日に歩きます。(>_<)
posted by とらぞう | Comment(2) | TrackBack(0) | 奥州街道歩き
Powered by さくらのブログ
Copyright (C) ブログ 奥州街道ヘロヘロ旅, All Rights Reserved.